第49回大会に向けて

 第48回大会(2021年)は「新型コロナウイルス」の影響のため「個人」参加の大会となりました。皆様のご協力により、感染者も出すことなく終了できたことを誇りに思っています。ありがとうございました!

 さて次回2022年に行われる「第49回」大会の頃には、国内ではワクチン接種も終わり。以前の日常を取り戻していることを見込んで、いつもどおり「クラブ対抗」に戻します!

 また、安定したコース状況&レース運営のため、「村長杯争奪スキー大会 ( 男女 ) 兼アルペン男子予選会」は中止とし、「アルペン競技の部」をスピード系(DH、SG)、技術系(SL、GS、F)の2つの期間に分けて、開催することにしました。

 

〜アルペン競技の部〜

スピード系:2022年2月13日〜18日
技術系:2022年3月7日〜12日

※クラブ総合の表彰は「スピード系」「技術系」の合計得点で競われます。

〜基礎スキーの部〜

2022年2月23日〜28日


 楽しく充実した学生生活!クラブ&サークル活動!を私たちの手に取り戻しましょう!

白馬岩岳でお会いしましょう!

 

七十四年三月 その歴史は始まった。

第33回

出場クラブ数535クラブ。シーズン当初の豪雪により、大会も豊富な雪量のなか成功裡に終了した。アルペン競技の部は女子総合で信州大学競技スキークラブが3連覇を達成し、女子個人では長野大学体育連合会競技スキー部の新谷起世選手が回転・大回転の2種目を制覇したが、滑降は2位となり2年続けて3冠王の夢を絶れた。

基礎スキーの部は、男子総合で浅井学園大学スキー部が2連覇を達成し、個人演技女子で大東文化大学白くまスキー愛好会の丸山由香里選手が2連覇を達成した。

距離競技の部は、信州大学体育会スキー部の野口誉継選手が男子の個人種目を完全制覇し、見事な活躍であった。

第32回

出場クラブ数549クラブ。順調な降雪に恵まれ、大会はグッドコンディションの内に終了した。アルペン競技の部は、今年度より新人戦出場の1年生も他の種目に出場できるルール改正となり、成蹊大学ルドルフ1年生の沢田陽由馬選手は新人戦優勝、滑降・回転優勝し初の4冠王かと期待されたが、大回転は自治医科大学スキー部の榎田秦明選手の2連勝により、その夢を絶たれた。しかし脅威の1年生の出現である。

基礎スキーの部は、個人演技男子で信州大学基礎スキー部の小林正幸選手が3連勝を達成した。小林選手は新人戦も優勝しており、岩岳完全制覇であり見事な活躍であった。

第30回

出場クラブ数577クラブ。30回節目の大会は順調な降雪に恵まれ、全競技とも成功裡に終了した。距離競技の部女子では信州大学体育会スキー部の野口麿莉選手が個人種目を完全制覇し圧倒的な強さを発揮した。又、アルペン競技の部では、日本大学経済学部スキー部の丸山英明選手が男子初の三冠王を達成した。

今大会は記念大会として村長杯スキー大会兼アルペン男子予選会に女子の部も行ない、アルペン本戦終了の翌日にはO&OGスキー大会も行なった。OB&OGスキー大会には140名のエントリーをいただき1974年の第1回大会出場者も3名参加した。大変好評をいただいたので次年度より正式の第1回岩岳OB&OGスキー大会を開催することになった。

第31回

新たなる歴史に向かっての第31回大会は、出場クラブ数552クラブ。アルペン競技の部本戦は従来の日程より約1週間早めて3月17日より行われた。順調な降雪にも恵まれ、グッドコンディションの内に大会は終了した。

基礎スキーの部では男子は北海道大学基礎スキー部が総合4連覇し、女子は日本体育大学基礎スキー研究会が総合2連覇した。個人演技女子優勝の日本大学文理学部スノーホパーの岡田美智子選手はアルペン競技でも大回転2位、滑降3位、回転9位と活躍。

又、個人演技女子2位の東京学芸大学競技スキー部の伊藤美奈子選手も大回転優勝、滑降2位と活躍しマルチぶりを発揮した。今回より正式開催の第1回岩岳OB&OGスキー大会は3月28日に行われ男女とも1部から3部に分けた大回転に往年の先輩が頑張った。

第29回

出場クラブ数586クラブ。アルペン競技の部本戦は雪不足が心配されたが何とか順調に競技終了。コースコンディションはどうしても悪く選手は大変だった。アルペン競技の部女子では、信州大学体育会スキー部の小池摩知子選手が堂々の三冠王に輝き。アルペン競技の部男子は、関西外国語大学競技スキー部が総合2連勝。基礎スキーの部女子ではプール学院大学スキー部同好会スノーキャッツの柳川真紀子選手が2連勝を飾った。

今大会よりインターネットHPによる登録受付を始める。