七十四年三月 その歴史は始まった。

第21回

出場クラブ数774クラブ。前大会に引き続きテレビ特別番組「岩岳青春グラフィティ2」を日本テレビ他7局で放映。アルペン本戦も豊富な積雪に恵まれ最高のコンディションでレース開催。

第20回

出場クラブ数735クラブ。11月29日東京赤坂東急ホテルにて20回記念式典。参加全クラブに記念冊子贈呈。

過去最多出場の6クラブを特別表彰。テレビ特別番組「岩岳青春グラフィティ」を日本テレビ他5局で放映。今大会より基礎スキーの部優勝旗を男女総合優勝クラブに持ち回りで贈呈。

第18回

基礎スキーの部は男子個人が1228人、女子個人が759人の出場選手となり、予選・本選・決戦を行うようになる。

第19回

出場クラブ数/アルペン競技の部:男子予選会164クラブ。距離競技の部:男子35クラブ、女子19クラブ。基礎スキーの部:男子145クラブ、女子140クラブ。アルペン競技の部:男子105クラブ、女子175クラブ。アルペン競技の部女子で大妻女子大学フォークナーの永吉雪絵選手が三冠王に輝く。

第17回

未曾有の雪不足、アルペン本戦はダンプなどで雪入れ作業を行うが、男・女滑降競技はスーパー大回転に種目変更して行う。