第49回大会に向けて

 第48回大会(2021年)は「新型コロナウイルス」の影響のため「個人」参加の大会となりました。皆様のご協力により、感染者も出すことなく終了できたことを誇りに思っています。ありがとうございました!

 さて次回2022年に行われる「第49回」大会の頃には、国内ではワクチン接種も終わり。以前の日常を取り戻していることを見込んで、いつもどおり「クラブ対抗」に戻します!

 また、安定したコース状況&レース運営のため、「村長杯争奪スキー大会 ( 男女 ) 兼アルペン男子予選会」は中止とし、「アルペン競技の部」をスピード系(DH、SG)、技術系(SL、GS、F)の2つの期間に分けて、開催することにしました。

 

〜アルペン競技の部〜

スピード系:2022年2月13日〜18日
技術系:2022年3月7日〜12日

※クラブ総合の表彰は「スピード系」「技術系」の合計得点で競われます。

〜基礎スキーの部〜

2022年2月23日〜28日


 楽しく充実した学生生活!クラブ&サークル活動!を私たちの手に取り戻しましょう!

白馬岩岳でお会いしましょう!

 

出場クラブ数471クラブ。今シーズンはオープン当初から雪不足に見舞われ、2月から3月にかけても未曾有の雪不足で大変なシーズンとなった。

基礎スキーの部も多くのコートを山頂に移し、アルペン本戦は滑降をスーパー大回転に代替し競技日程を変更しながら大会を進めたが、残念ながら男子大回転は悪天候により中止となった。

そんな中でも基礎スキーの部男子は北海道大学基礎スキー部が久々に総合優勝し3年ぶりに北海道へ優勝旗を持ち帰った。又、女子は日本女子大学ベーシックスキークラブが総合4連覇を達成し層の厚さを見せ付けた。

アルペン競技の部では男子の成蹊大学スキークラブルドルフの沢田陽由馬選手と女子の聖心女子大学体育会スキー部平賀安奈選手がそれぞれ2種目を制したが、初の4冠王は来シーズン以降に持ち越された。

距離競技の部は信州大学体育会スキー部の金澤郁馬選手が個人種目を全て制覇し、その健脚ぶりが目立っていた。