第49回大会に向けて

 第48回大会(2021年)は「新型コロナウイルス」の影響のため「個人」参加の大会となりました。皆様のご協力により、感染者も出すことなく終了できたことを誇りに思っています。ありがとうございました!

 さて次回2022年に行われる「第49回」大会の頃には、国内ではワクチン接種も終わり。以前の日常を取り戻していることを見込んで、いつもどおり「クラブ対抗」に戻します!

 また、安定したコース状況&レース運営のため、「村長杯争奪スキー大会 ( 男女 ) 兼アルペン男子予選会」は中止とし、「アルペン競技の部」をスピード系(DH、SG)、技術系(SL、GS、F)の2つの期間に分けて、開催することにしました。

 

〜アルペン競技の部〜

スピード系:2022年2月13日〜18日
技術系:2022年3月7日〜12日

※クラブ総合の表彰は「スピード系」「技術系」の合計得点で競われます。

〜基礎スキーの部〜

2022年2月23日〜28日


 楽しく充実した学生生活!クラブ&サークル活動!を私たちの手に取り戻しましょう!

白馬岩岳でお会いしましょう!

 

出場クラブ数549クラブ。順調な降雪に恵まれ、大会はグッドコンディションの内に終了した。アルペン競技の部は、今年度より新人戦出場の1年生も他の種目に出場できるルール改正となり、成蹊大学ルドルフ1年生の沢田陽由馬選手は新人戦優勝、滑降・回転優勝し初の4冠王かと期待されたが、大回転は自治医科大学スキー部の榎田秦明選手の2連勝により、その夢を絶たれた。しかし脅威の1年生の出現である。

基礎スキーの部は、個人演技男子で信州大学基礎スキー部の小林正幸選手が3連勝を達成した。小林選手は新人戦も優勝しており、岩岳完全制覇であり見事な活躍であった。