出場クラブ数549クラブ。順調な降雪に恵まれ、大会はグッドコンディションの内に終了した。アルペン競技の部は、今年度より新人戦出場の1年生も他の種目に出場できるルール改正となり、成蹊大学ルドルフ1年生の沢田陽由馬選手は新人戦優勝、滑降・回転優勝し初の4冠王かと期待されたが、大回転は自治医科大学スキー部の榎田秦明選手の2連勝により、その夢を絶たれた。しかし脅威の1年生の出現である。

基礎スキーの部は、個人演技男子で信州大学基礎スキー部の小林正幸選手が3連勝を達成した。小林選手は新人戦も優勝しており、岩岳完全制覇であり見事な活躍であった。