基礎スキーの部。優勝者に海外スキーツアーの副賞

 出場クラブ数370クラブ。シーズン当初は順調な降雪があり今大会は雪の心配は無いと思われたが、3月に入ってからの暖冬と異常気象による雪不足で、終盤のアルペン本戦は山麓エリアに雪入れをしスピード系競技はこめつが〜サニーバレー〜正面の特設コースで行い、技術系競技は山頂5線サウスコースでの開催となってしまった。しかし何とか全ての競技は無事終了することができた。尚、今大会は第45回記念大会として基礎スキーの部は個人演技男女各優勝者にニュージーランド・サザンレイクス7日間、アルペン競技の部は4種目総合男女各チャンピオンにカナダ・ウィスラー7日間の海外スキーツアー招待の副賞があった。

 基礎スキーの部男子は信州大学基礎スキー部が7年ぶりに総合優勝を達成し北海道大学エレガントスキー部の6連覇を阻んだ。女子は日本女子大学ベーシックスキークラブが総合2連覇を達成しクラブの実力を示した。団体演技男子は早稲田大学ベーシックスキークラブが初優勝し女子は北海道大学基礎スキー部が2連覇を達成した。個人演技男子は1年生の時から2連覇している北海道医療大学基礎スキー部の山野井全選手が脅威の3連覇を達成した。女子は北海道大学基礎スキー部の道心絢選手が初優勝し団体演技にも出場して2冠の達成となった。個人演技新人戦男子は東京農業大学RUBBISHの石井啓太選手が女子は国士館大学エーデルワイススキークラブの田村春華選手が優勝し関東勢が頑張った。個人演技の男女各優勝者には副賞の海外スキーツアーが贈呈された。

 アルペン競技の部男子は新潟大学学友会競技スキー部が総合2連覇を達成し女子は上智大学体育会スキー部アルカディアが2年ぶりに総合優勝に返り咲いた。個人女子は信州大学競技スキークラブの浦野皐月選手が回転と滑降の2種目で優勝し3大会連続の活躍で実力を示した。男子は東京工業大学競技スキー部の小林幸太郎選手が滑降とスーパー大回転の2種目で優勝しスピード系に強い実力を示した。東京理科大学スキー部の長澤美季選手は1年生ながら女子大回転と新人戦の2種目に優勝し今後の活躍が期待される。女子スーパー大回転は上智大学体育会スキー部アルカディアの雲野ウェンディー選手が男子大回転は武蔵野大学氷上スポーツ同好会の関洸輔選手が男子回転は東京農工大学フェローズの山崎光選手がそれぞれ優勝し実力の拮抗が見られた。男子新人戦は新潟大学学友会競技スキー部の桶谷洸太選手が優勝しチームの総合2連覇に貢献した。4種目総合チャンピオンには男子は東京農工大学フェローズの山崎光選手が女子は信州大学競技スキークラブの浦野皐月選手がそれぞれ獲得し副賞の海外スキーツアーが贈呈された。