第49回大会に向けて

 第48回大会(2021年)は「新型コロナウイルス」の影響のため「個人」参加の大会となりました。皆様のご協力により、感染者も出すことなく終了できたことを誇りに思っています。ありがとうございました!

 さて次回2022年に行われる「第49回」大会の頃には、国内ではワクチン接種も終わり。以前の日常を取り戻していることを見込んで、いつもどおり「クラブ対抗」に戻します!

 また、安定したコース状況&レース運営のため、「村長杯争奪スキー大会 ( 男女 ) 兼アルペン男子予選会」は中止とし、「アルペン競技の部」をスピード系(DH、SG)、技術系(SL、GS、F)の2つの期間に分けて、開催することにしました。

 

〜アルペン競技の部〜

スピード系:2022年2月13日〜18日
技術系:2022年3月7日〜12日

※クラブ総合の表彰は「スピード系」「技術系」の合計得点で競われます。

〜基礎スキーの部〜

2022年2月23日〜28日


〜超早割シーズン券〜

参加選手へ特別なシーズン券を販売しております。
申込書(PDF)をダウンロード

 

楽しく充実した学生生活!クラブ&サークル活動!を私たちの手に取り戻しましょう!

白馬岩岳でお会いしましょう!

 

2022年大会は、国内及び国外の状況を踏まえながら、順次緩和して行く予定です。

〜2021年大会用〜
本大会に参加(希望)のクラブ・学生
及び大学関係者、保護者、コーチ等の皆様へ。

 

全国学生岩岳スキー大会
実行委員会
2020年10月29日発表

1.はじめに

 本大会実行委員会では、新型コロナウイルス対策をしっかりと行い、本大会を開催することを決意しました。
コロナ禍の中においても、万全の注意を払いながら、学生たちに「スキースポーツの場」を提供することが、何よりも大切であると考えたからです。

 コロナのリスクを学び、それに対応する対策を行うことによって、そのリスクを回避できるのではないでしょうか?
もちろん、受け入れがわの私たちだけの対応では不十分で、参加する学生の皆様も、しっかりとコロナのリスクを自覚し対策を行ってもらうことも必要です。

 私共地元一同、力を合わせ大会成功に向け努力していきますので、皆様にも何卒ご協力ほどよろしくお願いいたします。

2.本大会の組織及び、周辺環境

以下の各組織を中心に大会運営を行っています。

主催:(一社)白馬村スキークラブ
主管:岩岳観光協会、白馬・岩岳スキースクール

「全国学生岩岳スキー大会実行委員会」

スキー場:(株)岩岳リゾート(旧:白馬観光開発 岩岳営業本部)
宿泊担当:切久保旅館組合、新田旅館組合
大会運営:白馬・岩岳スキースクール
事務統括:白馬岩岳観光協会(本大会レーシングオフィス)

3.コロナ対策(ガイドライン)

各社・各組織の管轄する施設(運営)において、下記の対策を行っています。
また、本大会及び「白馬岩岳スノーフィールド」で行う各種大会・イベントは、各社・各組織の連携のもと対策を行っています。

4.長野県よりの指導

本大会を開催するにあたり、長野県や白馬村などの関係機関と相談を行いました。「長野県新型コロナウイルス感染症対策室」より、特に配慮する事項を指導いただきましたので掲載いたします。

大会当日、会場にお越し下さる全ての方々(選手、サポーター、観客、スポンサーなど)、また地元で受け入れをなさる全ての方々(スキー場、レストラン、宿泊施設、運営スタッフ等)は、配慮した行動をお願いいたします。

  1. マスク着用や人との距離の確保、大声の禁止等の対策をしていただいておりますが、万が一、必要な感染防止策を守らない方がいた場合に注意等できる体制整備をお願いいたします。
  2. 事前相談票において、飲食の制限につき「なし」にチェックいただいておりますが、HPを拝見すると、会場である白馬岩岳スノーフィールドのレストラン等においては、感染防止対策が実施されていることと思います。
    参加者に対して、大会中の飲食については、感染防止策が行われている箇所で行っていただくことや、飲食にあたっては感染防止対策を徹底すること等の注意喚起をしていただきますようお願いいたします。
  3. 参加者に対し、大会期間中も体調管理のチェックシートを記録するよう呼びかけていただいておりますが、大会期間中もシートを提出いただくことや、受付で検温を実施していただくこと等、体調が悪い参加者の参加を防止する措置を行っていただくようお願いいたします。
  4. 公共交通機関の利用や飲食、宿泊等を含むイベント前後における行動について、感染防止のための注意喚起をお願いいたします。
    なお、国において【別添2】のとおり、感染リスクが高まる5つの場面が示されておりますので、特に注意いただくようお願いいたします。

【別添2】(下記イラスト)

感染リスクが高まる「5つの場面」

以上